こじか保育園(社会福祉法人聖母愛真会)|認可保育園|福島県福島市│モンテッソーリ教育│延長保育│病児保育

qrcode.png
http://kojika-hoikuen.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

こじか保育園
(社会福祉法人聖母愛真会
 こじか保育園)

〒960-8163
福島県福島市方木田字前白家18-1
TEL.024-545-5225
FAX.024-545-5239

───────────────
保育園
───────────────

認可保育園
 
 

こじか保育園の新着情報 NEWS&TOPICS!!

こじか保育園の新着情報 NEWS&TOPICS!!
 
凧揚げに挑戦!!
2017-01-10
 年が明け、元気に登園してきた子ども達。早速、お正月の遊びの「凧揚げ」をするため、自分の凧に絵付けをする活動が始まりました。絵付けが完成すると、子ども達はソワソワ…。凧揚げが出来る日を今か今かと待ち構えていました。
 本日、風が程よく吹き、凧揚げには絶好の天気です。子ども達は、待ってましたとばかりに張り切って園庭に向かい、早速、凧揚げに挑戦しました。最初に、保育士から「風に向かって走ること」を教えてもらい、何度となく振り返っては凧を確認しながら、元気に走り出しました。始めのうちは、糸の長さの調節が難しく、長すぎてすぐに凧が落下していましたが、すぐにコツを掴み、上手に揚げられるようになりました。夢中になって園庭を何往復も走り、凧揚げに興じていた子ども達です!!
  凧は後日、自宅に持ち帰ります。今度は、ぜひお家の方と土手に行って、本格的な凧揚げを体験して下さいね。
 
キビタンにぎゅ~ってしたよ!!
2016-12-20
 キビタン登場10分前…子ども達が続々とホールに集まってきました。「キビタンどこにいるの?」子ども達はすぐにキョロキョロとキビタンの姿を捜し始めます。司会者がみんなの前に立ち挨拶をすると、普段の3倍位のボリュームの元気な「おはようございます」が返ってきて、子ども達は興奮気味です!会場全員の「キビタ~ン!!」の掛け声で、ついにキビタン登場子ども達の視線はキビタンに釘付け…そして笑顔になりました。その後は、キビタンクイズや頭・肩・膝ポンの手遊びをしたり、キビタンの「動きまね」をして体を動かしたりしました。もちろん、キビタン体操も教えてもらいましたよ最後には記念撮影とハグ&ハイタッチをしました。自分よりも大きなキビタンに向かって両手を広げぎゅ~っとハグをする子ども達の姿は、何とも可愛らしかったです。また、どこかでキビタンに会えるといいね!
 
勤労感謝訪問
2016-11-18
 毎年5月の避難訓練の際、私達保育士の指導のために来園して頂いている、福島消防署・杉妻出張所に本日、勤労感謝の訪問をさせて頂きました。園を代表して年長児17名が、感謝のメッセージカードを届けて来ました。
訪問のお礼に、消防士の方々から消防車と救急車をじっくりと見せて頂き、お話を聞きながら楽しく学ばせて頂きました。消防士さんのお話の中で〝はしご車の値段″の話題になり、子ども達は「1万円?」「5万円位かな?」と考えていると、なんと「2億」するということが分かり、皆で一斉に「え~!!」とびっくり仰天していました。また、子ども達からの「救急車の中には、何があるの?」という質問に、AEDや注射など実際に中のものを見せて頂きました。
 とても貴重な体験をさせて頂きましたことに、心より感謝申し上げます。「いつも皆のことを守って下さり、ありがとうございます。これからも、体に気を付けて頑張って下さい。」園児より
 
 
子ども達全員に拍手!!
2016-10-01
 今年も子ども達は、保護者の方にかっこいい姿を見てもらいたい、かっこいい運動会にするという目標を掲げ、意欲的に練習を行ってきました。当園の運動会では、毎年、体育あそびの中で専門の先生から教えていただいた内容を発表しています。3歳児はマット運動、4歳児はバルーン、5歳児は組体操です。子ども達には年齢ごとに「見てほしいポイント」があり、その〝技”が決まるか否か、本番は子どもも保育士もドキドキ!、ワクワク?です。本日、子ども達は練習のとき以上に力を発揮して、今までで一番上手に、一番素敵に、一番立派に発表することが出来ました。〝見てほしい技”も見事に決めて、お父さんお母さんからは、子ども達の姿に感動した大きな拍手が沸き起こりました。まさに、目標を達成した感動の運動会となりました。ほし・にじのへやの子ども達、感動をありがとう!!子ども達全員に拍手!!
 
吉井田地区 敬老会 おめでとうございます。
2016-09-10
 いつも、地域のおじいちゃん・おばあちゃん達に温かく見守っていただいている子ども達。今日は、その恩返しの意味も込めまして、敬老会で和太鼓を発表してきました。大きなステージ、広い会場での発表は初めてでしたが、子ども達は「おじいちゃん・おばあちゃんのために頑張る」とやる気満々でした。「こじか太鼓」を堂々と演奏し、会場の皆さまから沢山の拍手をいただきました。保護者の皆様には、会場での太鼓の準備、片付けにご協力いただきまして、誠に有難うございました。
 「おじいちゃん・おばあちゃん、これからも元気でお過ごし下さい。」
 
「ぜ~んぶ、たのしかった!!」
2016-08-06
 今年も年長児17名全員が参加して、合宿(お泊まり保育)を行いました。毎年のことですが、家族から離れての外泊は、楽しみでワクワクしている子とちょっぴり不安でドキドキしている子に分かれます。子ども達にとっても保護者にとっても、心中穏やかではありません…。しかし当日を迎えると、そんな不安や寂しさを感じている間もないくらい内容が盛り沢山で、あっという間に夜を迎えます。まず、午前中に食材の買い物を済ませ、午後は野菜切りに始まり、スイカ割り、夕食、宝さがし、電話をかける、花火といった具合です。
「全部、楽しかった。」は、合宿の最後の「お集まり」の時に、子ども達から聞かれた感想です。この言葉が、子ども達の合宿をやり遂げた達成感を物語っていて、保育士にとっても何より嬉しい一言です。
 
楽しく交通ルールを学びました。
2016-07-22
 本日、市の交通教育専門員の佐藤様よりレクチャーをいただき、交通安全教室を開催致しました。子ども達は、交通ルールをよく知っていて、佐藤様からの質問に的確に答えていました。また、横断歩道を渡る時の2つの約束(①左右を確認してから渡る②手をまっすぐあげて渡る)をしてから、横断歩道のミニチュアを使って、実際に歩いてみました。子ども達は、約束をきちんと守りながら、少し緊張した表情で歩いていました。
今回、新しく「いかのおすし」の合言葉を教えていただきました。これから子ども達が自分でしっかり身を守ることが出来るように、保育士として〝伝えることの大切さ〟を改めて痛感しました。
  「いか」…ついて行かない、「の」…乗らない
   「お」…大声をだす、「す」…すぐ逃げる、「し」…知らせる
子ども達と一緒に学び、有意義な時間となりました。
 
起き上がり小法師の絵付け体験をしました。
2016-06-03
 「行ってまいります!!」と元気に挨拶をして、バスに乗り込んだ年長児の子ども達。いざ、会津藩校日新館へ出発進行。バスの中では、保育士手作りのビンゴゲームを楽しんだり、先生が手品を見せてくれたりと、とても盛り上がりました。日新館に到着するとスタッフの方が出迎えて下さり、早速、絵付け体験スタート!園で練習していった成果が表れたようで、子ども達はスムーズに筆を動かし始めていました。最後に、顔のパーツを描き入れて完成。子ども達ひとり一人の個性の光った、とても愛嬌のある小法師様が出来上がりました!
その後、レクリエーション公園へとバスを走らせ、お楽しみの「お弁当タイム」。子ども達は、愛情たっぷりのお弁当をあっという間に完食し、帰る時間になるまで遊具でたっぷり遊んだのでした。
 
どろんこ遊びに夢中!!
2016-05-09
 子ども達の中に、半袖の子がちらほら見られるようになり、日中の気温は20℃を優に超える日が増えました。本日の天気は五月晴れ。どろんこ遊びをするのに絶好の日です。
子ども達は園庭に出ると、早速バケツに水を汲み、砂場に運んでいました。そして、思い切り砂場に水を投入。いい具合いに泥が出来ると、最初は遠慮がちに触っていた子も、次第にダイナミックに泥の中に手を突っ込んで、泥の感触を楽しんでいました。また、何回もバケツで水を汲んで水たまりを作り、カップやシャベルを使って「お料理」を作って盛り上がっていました。
これから、お天気の良い日の楽しみが増えた子ども達です。
 
今年も、子ども達の足形をとりました。
2016-04-14
当園では毎年この時期に、子ども達ひとり一人の足形をとります。その足形は、こいのぼりの一つ一つの鱗になります。足形がうろこになった「こいのぼり」は、園の創立以来から続いているもので、この時期園内にはクラス毎、年齢ごとの大きなこいのぼりが計4匹泳いでいます。こいのぼりが遊戯室や廊下に飾られると、子ども達は「あっ!僕の足形あった!!」と自分の足形を見つけて喜んだり、お迎えの時には「お母さん、私の(足形)あそこだよ」と得意になって教えていたりします。そして、こいのぼりの時期が終わると、足形はお家に持ち帰ります。保護者の方は、昨年より大きくなったお子さまの足形を見て、成長を実感して下さっているようです。0歳から在園すると、卒園までには足形が計6枚になり、子育ての良い記念になるようです。さて、今年は、みんなどの位大きくなったかな?
今年も、子ども達の足形をとりました。
<<社会福祉法人聖母愛真会 こじか保育園>> 〒960-8163 福島県福島市方木田字前白家18-1 TEL:024-545-5225 FAX:024-545-5239