こじか保育園(社会福祉法人聖母愛真会)|認可保育園|福島県福島市│モンテッソーリ教育│延長保育│病児保育

qrcode.png
http://kojika-hoikuen.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
 

こじか保育園
(社会福祉法人聖母愛真会
 こじか保育園)

〒960-8163
福島県福島市方木田字前白家18-1
TEL.024-545-5225
FAX.024-545-5239

───────────────
保育園
───────────────

認可保育園
 

保育内容

 

保育内容

保育内容
 
モンテッソーリ教育を行っています。
 モンテッソーリ教育とは?

   イタリアの女性医師マリア・モンテッソーリが、子どもひとりひとりをよく観察・分析し、
   子ども中心の教育法を生み出しました。
   モンテッソーリは、子どもは「自分ひとりで、できるよう」求めており、大人は、それを
   援助することが大切としています。

 
子どもが自分で選べる環境

   モンテッソーリは、「子どもは本来、自分の中に成長していこうとする<生命力>をもって
   いて、適切な時期に適切な環境が与えられれば、自分で成長する」と考えました。
   ですから、子どもが自分で選べる環境を整えることが、最も大切になります。
   
   *こじか保育園では、子ども達が自由に選んで活動ができるようにしています。
 
 
1歳児のクラス
れもんのへや   (1歳児クラス)
 
3、4、5歳児 混合クラス
ほしのへや(3,4,5歳児混合クラス)
 
感覚の教具棚
 
数の教具棚
 
言語の教具棚
   
 保育には「教具」を使用

   モンテッソーリ教育では、子どもの発達を助けるために「教具」と呼ばれる教材を使います。
   日常生活、感覚、数、言語、文化の5つの領域に分かれています。

   
*教具紹介
 
 
感覚教育
     ピンクタワー
 
数教育
 1,10,100,1000のビーズとカード
 
言語教育
    絵カード合わせ
   
 子どもの活動は、「仕事」と呼びます。

   モンテッソーリは、「大人の仕事が生産的労働であるならば、子どもの仕事は人間を形成する
   こと」と述べています。
   子どもは「お仕事」を通して、同じことを集中して何度も繰り返しながら、自分自身の課題に
   納得するまで取り組みます。

   
*お仕事をする子ども達
 
 
日常生活の練習
のり貼り
 
感覚教育
青い立体
 
言語教育
平仮名スタンプ
 
数教育
切手あそび
 
文化教育
地球の構造
 

保育の特色

保育の特色
 
心の育ち

日常生活の中で、また、地域の方々との交流を通して、つよい心・やさしい心を持つ子どもにそだてます。
   4つの心の教え  ・あいさつ ・ありがとう ・あやまりあう ・あたえあう 


平和教育・情操教育> 
   神さまのお話、戦争と平和について、マザー・テレサのお話等、絵本やDVDを通して子ども達と
   一緒に考え、学びます。
       *平和教育・・・毎月 第2・4金曜日(5歳児)
        情操教育・・・毎月 第3金曜日(3・4歳児)

 その他にも・・・マリアさまありがとう(感謝の日)歳末助け合い募金(がまん献金)
           老人ホーム訪問消防署訪問日赤訪問 など 

 
体の育ち
しっかりと体を動かすこと、体で表現することで、健全な体を育成します。

体育あそび
   3・4・5歳児が月1回、年齢ごとに、体育の先生から指導していただきます。
   マット、鉄棒、なわとび、とび箱、それから、組体操にドッジボール(5歳児)等で、体を
   動かします。
     *毎月 第1月曜日

リトミック
   3,4,5歳児が月1回、年齢ごとに、リトミックの先生から指導していただきます。
   音楽に合わせて体を動かし、体を使って表現する心地よさを体験します。
          *毎月 第2火曜日(4歳児)
          第3火曜日(5歳児)
          第4火曜日(3歳児)
 
文化教育
日本の楽器の和太鼓や、普段なかなか触れる機会の少ない英語も取り入れています。
また、「食」についても、小さいうちから理解が深められるよう工夫しています。

    *和太鼓教室・・・毎週水曜日(5歳児)
 
    *英語教室・・・毎月 第2・4火曜日(5歳児)
              講師による指導

    *食育教室・・・毎月第1木曜日(3,4,5歳児)
              講師による指導
 
交流保育
毎週水曜日、3歳以上の希望者6名が「子どもの家」(同法人の児童発達支援センター)に、
遊びに出かけます。(午前10:00〜午後2:00まで)
一緒に遊んだり、リトミックをしたり、給食を食べたりと楽しく過ごします。
 
はだし保育

園舎内では、年間「はだし」で過ごします。
「はだし」は、足の指を使うため、足の筋肉が発達し土踏まずの形成に良いとされています。
また、足の裏を刺激することで、脳が活性化します。
足の大切さを見直すと共に、「はだし保育」を通して健康な子どもに育てたいと考えています。

 

特別保育について

特別保育について
 
◆延長保育   
   
    通常の保育時間以外の時間に延長保育を行っております。
      短時間利用児   ・・・午前7:00〜9:00、午後5:00〜7:00
      標準時間利用児 ・・・午後6:00〜7:00

◆病児・病後児保育
 
    保育中に「体調不良」になったお子さまを、お迎えの時間まで、看護師が対応します。
         
<<社会福祉法人聖母愛真会 こじか保育園>> 〒960-8163 福島県福島市方木田字前白家18-1 TEL:024-545-5225 FAX:024-545-5239